03-5903-8940 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回60分無料相談

交通事故に遭ったときの休業補償・休業損害

  1. トラウト法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 交通事故に遭ったときの休業補償・休業損害

交通事故に遭ったときの休業補償・休業損害

「初めて交通事故に遭い、いろいろと調べていると休業補償と休業損害という言葉が出てきたが、違いがよく分からない。」
交通事故の被害に遭われた方で、このようなお悩みを持たれる方は決して少なくありません。
このページでは、交通事故にまつわるさまざまなキーワードのなかでも、休業補償と休業損害についてスポットをあてて、くわしくご説明してまいります。

■休業補償とは
休業補償とは、休業補償給付のことで、労災にかかわる用語です。
休業補償給付は、ある仕事に従事している際に交通事故により怪我をしてしまったために仕事ができなくなり、給与をもらえなくなってしまった際に給付されるお金のことをさします。
似た用語に休業給付という言葉がありますが、こちらは通勤中に交通事故により怪我をしてしまったケースで給付してもらえるお金をさします。
休業補償給付や休業給付の金額は、事故直前の3ヶ月の給与の平均の日額を計算したものを給付基礎日額として、給付基礎日額の60パーセントとなっています。
休業特別支給金という、給付基礎日額の20パーセント分のお金が別にもらえるため、合計すると80パーセント分となります。

■休業損害とは
休業損害は、『受傷やその治療のために休業し、現実に喪失したと認められる得べかりし収入額』とされています。
自賠責保険での考え方を採用すると、原則として1日あたり5,700円で、立証資料等によりこれ以上の収入があったことが証明できる場合には、1日あたり19,000円を限度に支払われることとなります。
休業損害は職業ごとに計算の基準が異なりますが、専業主婦(主夫)についても計算し、請求することが可能です。

■休業補償と休業損害の二重取り禁止について
休業補償と休業損害は、どちらか一方しか受け取ることができず、二重取りは禁止されています。
どちらを選択すべきか悩まれる際には、弁護士に相談することで、最適なアドバイスを受けることができます。

トラウト法律事務所では、交通事故に関する様々な法的問題を取り扱っております。
練馬区、杉並区、西東京市、板橋区を中心に、東京都、埼玉県の皆様のご相談を承っております。
「弁護士基準で追突事故の慰謝料を計算して欲しい。」、「休業損害の証明書の書き方が分からない。」など、お困りの際はお気軽にご相談ください。
豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案いたします。

トラウト法律事務所が提供する基礎知識

  • 休業補償とは

    休業補償とは

    ■休業補償について 休業補償制度とは、業務に関する事由あるいは通勤中にケガをするなどして仕事をすること...

  • 交通事故が起こってから相談までの流れ

    交通事故が起こってから...

    ■交通事故が起こってから相談までの流れ ・事故直後の対応 まず、「警察への通報」を行いましょう。保険金...

  • 遺留分・遺留分侵害額請求

    遺留分・遺留分侵害額請求

    ■遺留分侵害額請求について 民法の改正により、2020年4月から遺留分の請求制度が変わりました。もとも...

  • 人身事故

    人身事故

    ■人身事故 ■積極的損害 ・治療関係費 治療関係費は、原則として、治療をすることについて必要性と相当性...

  • 過労死、労働災害対策

    過労死、労働災害対策

    ■労働時間の管理の重要性 過労死、労災対策の基礎となるのが従業員の労働時間の把握です。従業員の労働時間...

  • 企業法務

    企業法務

    法人が活動を行っていく上では様々な法的な事務や問題が発生します。例えば、契約文書の作成や、株主総会の開...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    離婚の際に慰謝料の支払いが行われることが多々ありますが、そもそも慰謝料とは、法的には民法上の不法行為に...

  • 家族信託の定義

    家族信託の定義

    家族信託とは、家族の様な信頼のできる人物に財産を管理してもらう手法のことを言います。民事信託と呼ばれる...

  • 相続財産調査・相続人調査

    相続財産調査・相続人調査

    相続手続きの流れの中には、「相続財産調査」と「相続人調査」と呼ばれるものがあります。どちらも、遺産を分...

よく検索されるキーワード

ページトップへ