03-5903-8940 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回60分無料相談

離婚に関する記事一覧

  1. トラウト法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧

離婚

離婚は、慰謝料や財産分与、子供の養育費など様々な法的問題が発生するおそれのある事項です。

例えば、慰謝料や財産分与、持ち家の住宅ローンなどについては、当人間の話し合いだけでは感情的になってしまい、解決に至らないことが少なくありません。
特に、このような金銭が関係する事項の場合には、夫婦間の話し合いだけでは、自分たちが合意しようとしている内容が果たして公正で妥当なものなのか分からないことが多いと思います。そのような場合に、法律の専門家である弁護士に相談することはとても有意義であると言えます。

また、夫婦に未成熟子がいる場合には、その子供の親権はどうするか、養育費はどちらがどの程度負担するのか、離婚後の子の氏と戸籍はどうするのか、離婚後に親権者にならない親と子はどの程度面会交流するかなど、子供に関する多くの事項を夫婦間で取り決める必要があります。
その際に、弁護士の手を借りることは有意義であり、特に、夫婦間でかかる協議がまとまらない場合に弁護士に相談してみることをおすすめします。

さらに、そもそも夫婦間で離婚することの合意がなされない場合も少なくありません。その場合は当事者間での解決は困難ですので、調停や裁判によって離婚の是非を決することになります。この場合、種々の手続が必要になりますが、弁護士の手を借りることによって、当事者の負担を減らすことができます。


トラウト法律事務所では、離婚に関する様々な法的問題を取り扱っております。練馬区、杉並区、西東京市、板橋区を中心に、東京都、埼玉県でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案いたします。

離婚に関する基礎知識や事例

  • 離婚とお金離婚とお金

    離婚は、単に夫婦関係を解消するだけでなく、慰謝料や財産分与といった金銭が関係してきます。 まず、慰謝料とは、法的には民法上の不法行為に基づく損害賠償請求(709条)を指します。これは、一方配偶...

  • 慰謝料(不貞行為など)慰謝料(不貞行為など)

    離婚の際に慰謝料の支払いが行われることが多々ありますが、そもそも慰謝料とは、法的には民法上の不法行為に基づく損害賠償請求(709条)を指します。これは、配偶者から精神的苦痛を与えられたという不法...

  • 財産分与財産分与

    財産分与(民法768条)とは、婚姻中に夫婦で築いた共有財産を離婚に伴って分割することを言います。財産分与には、①清算的要素②扶養的要素③慰謝料的要素の3つがあると一般的に言われています。 ①清...

  • 受託ローン受託ローン

    離婚の際に夫婦の共有財産として持ち家があり、住宅ローンが残っている場合には、住宅ローンをどのようにするかという問題になることがあります。 その場合、まずは誰が債務者であるか確認しましょう。一方...

  • 婚姻費用分担請求婚姻費用分担請求

    民法上、婚姻費用は夫婦で分担するものとされており、夫婦は婚姻費用を分担する義務を負います(760条)。婚姻費用とは、一般的には、夫婦とその未成熟子の共同生活のために必要な費用とされています。具体...

  • 離婚と子供離婚と子供

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、その子供について夫婦間で様々な事項を取り決める必要があります。 具体的には、以下の事項について取り決める必要があります。 ・親権者 →民法上、未成熟子がいる...

  • 親権と監護権親権と監護権

    親権とは、父母の地位から生ずる法的な権利義務の総称を言います。その内容は、身上監護権と財産管理権の2つに分けられます。 ○身上監護権 民法820条は、「親権を行う者は、子の利益のために子の監護...

  • 子供の養育費子供の養育費

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合に、子供の養育費をどのように負担するかが問題になることがあります。 父母はその子供の養育費を負担しなければなりませんが、この義務のことを法的には生活保持義務と言...

  • 離婚後の氏と戸籍離婚後の氏と戸籍

    夫婦が離婚した場合、その当事者の氏と戸籍だけでなく、その子の氏と戸籍にも変動が生じ得ます。以下では、まず離婚に伴う①当事者の氏と戸籍の変動を概説した上で、②子の氏と戸籍の変動について概説していき...

  • 面会交流権面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は、民法上明文をもって定められた権利ではありませんが、民法766条の、離婚の際の子の監護の処分...

  • 離婚の種類と手続き離婚の種類と手続き

    離婚の方式は全部で4種類あります。 ①協議離婚 →協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係を解消することを言います。 ②調停離婚 →調停離婚とは、家庭裁判所による調停によって...

  • 協議離婚協議離婚

    協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係を解消することを言います。 協議離婚の場合、裁判離婚(770条)と異なり、法定離婚事由(同条1項各号)に関わりなく、夫婦が協議して離婚に...

  • 調停離婚調停離婚

    調停離婚とは、家庭裁判所による調停によって離婚の合意がなされる離婚のことを言います。 離婚する際には、通常、まずは夫婦の協議によって離婚の話し合いが行われますが(協議離婚、民法763条)、ここ...

  • 審判離婚審判離婚

    審判離婚とは、離婚調停が不調に終わった際に、家庭裁判所が職権で離婚について審判を下し、それによって成立する離婚のことを言います。 離婚調停が不調に終わった場合でも、調停を行ったことをもって調停...

トラウト法律事務所が提供する基礎知識

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    誰もが生きていれば必ず経験するのが「相続」です。どのような流れで相続の手続きが行われるのかを知っておく...

  • 就業環境での悩み(パワハラ、セクハラ等)

    就業環境での悩み(パワ...

    ■パワハラ・セクハラ事案への対応 会社には労働者が安全に働ける環境を整える義務があるため、従業員がハラ...

  • 服務規律管理(機密保持違反、セクハラ、パワハラほか)

    服務規律管理(機密保持...

    ■服務規律管理の重要性 従業員が機密情報を漏らす、同僚などに対してハラスメントを行うなどの行為をしたこ...

  • 不当人事(配転、出向、転籍)

    不当人事(配転、出向、転籍)

    ■不当人事にあたるケース 人事異動を行うためには原則として就業規則上の根拠が必要です。就業規則に違反す...

  • 遺言作成のメリット

    遺言作成のメリット

    遺言作成のメリットとして挙げられるのは、まずは死後であっても自己の意思で財産の処分が可能であるというこ...

  • 後遺障害等級

    後遺障害等級

    ■後遺障害等級 ・後遺障害等級認定とは 後遺障害等級認定は、上記の後遺障害が生じた場合に、被害者を迅速...

  • 過失割合

    過失割合

    ■過失割合 ・過失割合とは 裁判や、保険金支払の場面では、被害者の過失と加害者の過失を比べて過失割合を...

  • 協議離婚

    協議離婚

    協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係を解消することを言います。 協議離婚の場合、...

  • 有期雇用、パート、派遣社員の処遇等

    有期雇用、パート、派遣...

    ■労働条件の明示 いわゆる非正規従業員については契約更新の有無などについて正社員以上に明示することが求...

よく検索されるキーワード

ページトップへ