03-5903-8940 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回60分無料相談

協議離婚

  1. トラウト法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 協議離婚

協議離婚

協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係を解消することを言います。

協議離婚の場合、裁判離婚(770条)と異なり、法定離婚事由(同条1項各号)に関わりなく、夫婦が協議して離婚に合意すればいかなる理由に基づいて離婚をしてもよいとされています。また、実務上、離婚する夫婦の9割以上がこの協議離婚によって婚姻関係を解消しています。

協議離婚の手続としては、離婚届を役場に提出するだけです(764条、739条1項)。
もっとも、夫婦に未成年の子がいる場合には、離婚後どちらが親権者になるのかを決める必要があり、それを離婚届に記入する必要があります。また、婚姻届と同様、離婚届にも証人が2人必要になります。

なお、協議離婚の際には、離婚することだけでなく、慰謝料や財産分与、子供の養育費等についても協議する必要がありますが、これらの協議事項は書面化することが望ましいです。

もちろん口頭によっても協議は成立しますが、口約束による合意はうやむやにされ、後々トラブルに発展するおそれが高いので、証拠を残すといった意味で合意内容を書面化した方がよいです。

そして、その場合、公正証書を用いることをおすすめします。

仮に、相手方(元配偶者)が、合意したはずの慰謝料や財産分与、養育費等の金銭の給付を任意に行わない場合、通常、相手方に対して強制執行を行うためには、裁判によって判決を受ける必要があります。しかし、一定の要件を満たす公正証書がある場合には、その公正証書によって、判決によらずに強制執行を行うことができます。

このように事前に公正証書を作成しておくことは、万が一相手方が任意な履行をしなくなった際に、簡易な手続きで強制執行を行うことができるという点でメリットと言えます。


トラウト法律事務所では、「協議離婚がまとまらない。」「調停・審判・裁判離婚を考えたい。」などといった離婚に関する様々な法的問題を取り扱っております。練馬区、杉並区、西東京市、板橋区を中心に、東京都、埼玉県でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案いたします。

トラウト法律事務所が提供する基礎知識

  • 後遺障害等級

    後遺障害等級

    ■後遺障害等級 ・後遺障害等級認定とは 後遺障害等級認定は、上記の後遺障害が生じた場合に、被害者を迅速...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    離婚の方式は全部で4種類あります。 ①協議離婚 →協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚...

  • 賃金・給与関係(時間外労働、退職金等)

    賃金・給与関係(時間外...

    ■賃金の支払い方 賃金の支払い方には「通貨払いの原則」「直接払いの原則」「全額払いの原則」「毎月1回以...

  • 遺産分割協議

    遺産分割協議

    相続手続きの流れの中には、「遺産分割協議」というものが存在します。 被相続人が遺言を残していない場合や...

  • 交通事故が起こってから相談までの流れ

    交通事故が起こってから...

    ■交通事故が起こってから相談までの流れ ・事故直後の対応 まず、「警察への通報」を行いましょう。保険金...

  • 人員整理、解雇、出向、配転など人事関係

    人員整理、解雇、出向、...

    ■従業員は原則解雇できない 日本の労働法では解雇が認められる条件が狭く定められており、契約期間中の従業...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦が離婚した場合、その当事者の氏と戸籍だけでなく、その子の氏と戸籍にも変動が生じ得ます。以下では、ま...

  • 有期雇用、パート、派遣社員の処遇等

    有期雇用、パート、派遣...

    ■労働条件の明示 いわゆる非正規従業員については契約更新の有無などについて正社員以上に明示することが求...

よく検索されるキーワード

ページトップへ