03-5903-8940 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回60分無料相談

財産分与

  1. トラウト法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 財産分与

財産分与

財産分与(民法768条)とは、婚姻中に夫婦で築いた共有財産を離婚に伴って分割することを言います。財産分与には、①清算的要素②扶養的要素③慰謝料的要素の3つがあると一般的に言われています。

①清算的要素とは、婚姻中に夫婦が築いた共有財産をその寄与の程度に応じて清算することをいいます。
②扶養的要素とは、離婚によって生活が困窮するおそれのある一方配偶者に対して、一定期間生活が維持できるよう扶助することをいいます。
③慰謝料的要素とは、離婚に伴って慰謝料が支払われる場合に、財産分与においてそれを考慮して財産を分与することを言います。すなわち、①②で分与すべき財産に加えて③相当の財産を分与することを言います。

もっとも、③はあくまで慰謝料が発生する場合に加わる要素であるので、そもそも慰謝料が発生しないような場合には③の要素は含まれない点には注意が必要です。

そして、財産分与の対象になる財産は、婚姻中に夫婦で協力して築いた共有財産全般です。具体的には、不動産、預貯金、保険金、有価証券等がこれにあたります。なお、これらの財産の名義が、夫婦の共有ではなく一方配偶者だけになっていたとしても、婚姻中に夫婦で協力して築いた財産であるといえれば、夫婦の共有財産として財産分与の対象となります。

他方、「夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産」は特有財産すなわち一方配偶者が単独で所有する財産とされ(762条1項)、財産分与の対象となりません。これらは婚姻中に夫婦が協力して築いた財産であるとはいえないため、財産分与の対象とはならないのです。

なお、一方配偶者が専業主婦(夫)であった場合でも、他方配偶者が収入を得ることを助けたとして、夫婦財産を協力して築いたと認められます。そのため、専業主婦(夫)であっても財産分与を請求することができます。


トラウト法律事務所では、離婚に関する様々な法的問題を取り扱っております。練馬区、杉並区、西東京市、板橋区を中心に、東京都、埼玉県でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案いたします。

トラウト法律事務所が提供する基礎知識

  • 労働時間管理

    労働時間管理

    ■労働時間管理を怠ることの危険性 企業が従業員の労働時間を把握する義務を怠ると、結果的に残業代不払いや...

  • 法定相続分・遺留分・寄与分・みなし相続財産

    法定相続分・遺留分・寄...

    遺言がない場合には、相続財産は法定相続分に従って分割されます。 法定相続分とは、遺言がない場合に備え...

  • 受託ローン

    受託ローン

    離婚の際に夫婦の共有財産として持ち家があり、住宅ローンが残っている場合には、住宅ローンをどのようにする...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は...

  • 相続に関する相談を弁護士に相談するメリット

    相続に関する相談を弁護...

    相続に関しては、様々なトラブルが起きたり、煩雑な手続きを踏まなければならなかったりなど、共同相続人のみ...

  • 労災認定、補償金請求等

    労災認定、補償金請求等

    ■従業員に業務を原因とする病気・怪我を負ったら 雇用者には労働者が安全に働けるよう環境を整える義務があ...

  • 企業法務

    企業法務

    法人が活動を行っていく上では様々な法的な事務や問題が発生します。例えば、契約文書の作成や、株主総会の開...

  • 非正規従業員(パート、アルバイト、派遣社員等)の契約管理

    非正規従業員(パート、...

    ■非正規従業員を雇う時の注意点 非正規雇用であっても適用される法律は基本的には正社員と同じです。したが...

  • 遺言とは

    遺言とは

    遺言とは、被相続人による、相続人の相続分の指定のことです。遺言がない場合には、被相続人の相続財産は原則...

よく検索されるキーワード

ページトップへ